読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひみつのコウカン♡ダイアリー

強くて可愛い男の子

ガムシャラサマーステーション 夏の終着駅

狂おしいほど暑くて言葉に出来ないくらいキラキラな誰も見たことのないような六本木の夏が終わりました。

私が積極的に応援する岸優太くんはこの夏、六本木ヒルズ夏祭りサマーステーションの応援サポーターとして...チーム武として...ジャニーズJr.のバックダンサーとして...大忙しでした。それはきっと大忙しっ!とかいう可愛いもんではなく『死因:六本木』 くらいの殺人的なものであっただろうと勝手に推測する。けどきしくんはどんなに忙しくても夏の六本木のネオンの明るさにすら負けてなかった。掴もうとする程に消えていくまばゆく儚いキラキラは最後の一瞬まで消える事はなかった。

彼らが放った星のかけらを集める事しかできないけれど、今やらないと煌きは消えてゆくと思い自分なりにまとめてみたいと思います。(※岸優太くんと松村北斗くんを中心に見ていたので偏った捉え方になっているかもしれません)

◾︎チーム武(いわちー武)

 ”フリースタイルダンス”

f:id:mooniland:20150821010751j:plain

岩橋くん率いるチーム武はパフォーマンスバトルを制し優勝しました。

きしくんは練習中、スラムダンクで山王戦に挑む桜木花道の名言『優勝すんだろ?(31巻より)』と鬼気迫る表情で放っていましたが、本当に優勝してしまいました。(きしくんが世代的にスラムダンクを読んでいたとは思えない...)

f:id:mooniland:20150821040353j:plain
f:id:mooniland:20150821040538j:plain

スラムダンク大好き芸人の私はこの男もしかして桜木花道の生まれ変わりなのではとチーム武(去年は最下位)の救世主に期待をしました。

意外だったのはテレ朝はきしくんにとってのこの夏のメインイベントになるに違いないと思っていたバク転をあっさりとパフォーマンスバトル前に放送しました。


⚫︎7/24 VS公演 チーム武初日 1部

きしくんはバク転はもちろん、バク宙を披露しました。私は息を飲みました。きしくんの目は本当にうさぎの皮を被った猛獣のようでした。SHOCKの時のジャパネスクの表情のようなそれともまた少し違ったようなとにかく見た事がない表情。

チーム武は最高の滑り出しでした。連勝を重ね向かうところ敵なしとはこの事でした。

この男はジャニーズ向いているわ

きしくんを壮大すぎてあえてそんな簡潔な一言ですませたくなるくらいに彼は元気でした(本当は色々あるのかもしれないけど私の目には元気に映ったから超プロ)

桜木花道の名言(スラムダンク名言しかない...)『俺は今なんだよ!』を思いだした。

岸優太は今なんだよ!

そしてチーム武は決勝に進出しました


チーム武はもしかするのずーっと一緒にいるような超仲良しのチームではないように思う。
けれどもそれぞれが役割を把握して完成されたチームだった。技術で引っ張るれんくん、颯くん、りんねちゃんは歳上2人をいつも立ててくれ、教えてくれた。チーム武の勝因はそんな3人の力が大きいと思う。後半戦ピリついた空気の中、颯くんの『明るくいきましょう〜!!』は最高だったし、りんねちゃんの『今だけはりんねの事見てくださぁぁ〜い!』は今だけという謙虚さと”一人称りんね”の特異な普遍さとアクロバットの軽やかさのギャップに誰もがりんねちゃんの虜になり会場がひとつになった。決勝の大技はれんくん頼みな所が多かった。けれど小さな彼はチームの要となり大技を必ず決めてくれたし何より可愛かった。大きいお兄ちゃん(主に樹/慎太郎/北斗)にうざ絡みされる蓮音くんいつか身長越して見下してやれ笑
きしくんは一見”なんとかなるべ”根性論に任せてると思いきや、努力を怠らないだからといって変な気負いを本番では一切見せない 短い間でこんなに成長するんだってこの夏ハムスターでも育ててる気分にさせてくれました。
そしてリーダー岩橋くん、やっぱりチーム武はこの人です。決勝に進めなかったチーム覇者の分も武が頑張ると言った彼は色んな意味で強かったです。彼はいつも賛否両論のど真ん中を駆け抜ける人生だなぁと思います。優勝は去年最下位からのシンデレラストーリーでもあった、いわちのシンデレラは才能であり武器だった。彼の決して曲がる事のない芯にしがみついていればどんな高みにでもいける気がした。
可愛くて媚びない強い女みたいなチームだった。おめでとう。

f:id:mooniland:20150821030240j:plain
f:id:mooniland:20150821030222j:plain
醒めない夢をありがとう



◾︎チーム羅 ”ダブルダッチ

f:id:mooniland:20150821010826j:plain

この夏、もう1チーム目が離せなくなるようなチームがいた。”チーム羅”
初めてこのチームを見た時ヤバイと思った。もうよくわかんないけどなんかヤバイ。一生この人とは話す事すらないと思っていたクラスメイトとくじの班分けで修学旅行同じ班になってしまった!どうしよう!しかもブラジルからの陽気な留学生もいる!と...
7/27初めて羅のパフォーマンスを見た時、申し訳ないが半分も完成していないように思えた。
ダブルダッチの事はよく分からないが縄が回せるのがほっくんと慎太郎しかいないのかもしれない。カウれあタブルスはカットなのか入れなかったのか...そもそももう少し技の難度を下げる事は出来ないのか...こんな事を感じた。失礼に値するかもしれないが(おい!しっかりしてくれよおおお!)と野球場だったら野次ってたと思う。
しかしリーダーの松村北斗くんはどうって事ないって顔をして澄んだ瞳をしていた。

ああダントツ最下位でも連敗しても諦めてなんていないんだな今出来る事をやるだけなんだなと少し先を見据えた彼らがいました。

8/7

後半羅の公演を見に行った時見違えるパフォーマンスを披露した羅の5人がいました。技の難度下げたほうがいいなんて一瞬でも思った自分が恥ずかしくなるくらいに楽しそうな5人でした。1度底みて振り切って這い上がる姿はまさにあの人の生き様のようで私は放っておく事が出来なかった。あの日”ああ素敵だなこの人”って初めて感じた時の事を思いだしていました。

8/14

わたしは行く事が出来なかったけれど我羅ともにノーミスのパフォーマンスでみんな大号泣だったと聞いて、さぞかし素敵なパフォーマンスだったんだろうと想像したら込み上げてくるものがあった。いつもおすましな女優ほっくんの泣き顔見たかったな!!

見事決勝進出。優勝は出来なかったけれど0から100へと持っていき方、決して諦めなかったチームとしての一体感は夏の魔法みたいだったし、クラスで一言も喋った事のないようなチームにはいつの間にか素敵な絆が生まれていました。(れあたん女子マネ力MAX輪ゴムミサンガには参りました)

ここまで導いたリーダーほっくんには信頼しかなかったです。ほっくんの元で今気持ち切れてたやついた!💢って言われながら働きたい!笑 

f:id:mooniland:20150821035416j:plain

チーム羅ありがとう


我武者羅覇のメンバー25人、聡くん、マリちゃん、さなじいこと真田くん、バックのジャニーズJr(中村浩大くんおばさんはあなたをいつも見てましたよ!)、EXシアターのスタッフさん(いや本当にまじでおつかれさまです)、オタクという同士達(会ってくれた方本当に嬉しかったです)、私を六本木まで運んでくれた大江戸線(代々木で乗り換えた方が便利でお馴染み)、よく行った六本木の謎の居酒屋(冷やしトマトとアボカドとコーラしか頼まない積めないカス客でごめん)、すべてに感謝したいです。ありがとう。
ほっくん最後まで美しかった。
そしてきしくん金メダルです。もちろん私の最優秀殊勲選手です。

いつまでもいつまでも2015年夏を忘れない!!


月島紗南